未経験からフリーランスエンジニアになるまでを徹底解説!

こんにちは、真です。

今回は、未経験の人がフリーランスエンジニアになるためにするべきことを伝えていきたいと思います。

フリーランスのエンジニアは暮らしも自由で、経済的・時間的・精神的のどれを見ても素晴らしい職業だと思っています。

とはいっても、エンジニアやプログラマーには敷居が高いイメージがあって未経験からは敬遠されがちです。

いきなり「エンジニアになろう」とか「フリーランスになろう」などと思っても、何から始めていいのか全くわかりませんよね?

ここでは、そんな疑問を解決するために、僕が思う最短ルートを紹介していきます。

正直に言って、僕の人生を振り返ってみるとエンジニアになる過程に無駄が多すぎました

なので、少しでも短い期間でエンジニアになるために効率のいい方法をお伝えしたいと思います。

エンジニアになりたいと思っている未経験の方や、エンジニアとして働いているフリーランスになりたい方の参考になればと思います。

エンジニアの種類を知ろう

まずはエンジニアのことを大まかに知りましょう。
ただ単にエンジニアになると言っても、どんなタイプのエンジニアになるか具体的に考える必要がありますからね。

僕は、エンジニアは大きくわけて3種類に分けられると思っています。

  1. システムエンジニア(SE、SIer)
  2. 自社サービスエンジニア(Web系)
  3. フリーランスエンジニア

だいたい、この3つですね。
簡潔に紹介していきます。

システムエンジニア(SE)

まずはSEですが、待遇は決してよくありません

というのも、SEのほとんどが下請けだからですね。
もちろん元請けのSEなら話は別で、むしろ好待遇のことが多いですね。

SEが働いているSIerという企業ですが、IT系の中でブラック企業と言われる会社の大体はここに入ります。

僕はSIerに就職することは避けた方がいいと考えています。
実務経験をする目的で就職したいなら、働く期間をあらかじめ決めてスキルアップのためと割り切った方がいいです。

もし、ここで働いている方がいるなら、今すぐにでもフリーランスへと移った方がいいですね。

下請け企業というのは、どの業界でも多忙なところが多いですよね。
IT業界でも下請け企業の待遇は悪く、IT土方という言葉が生まれた要因といってもいいと思います。

もちろん、下請けでSIerと呼ばれる企業でもホワイトな企業はたくさんあるので一概には言えません。

ですが、SIerに就職するのは避けるのが無難です

自社サービスエンジニア

次に自社サービスエンジニアです。

これは企業に所属していて自社サービスのシステム開発をする人のことですね。

例えば、「ショッピングサイトでスムーズに買い物が出来るようにサイトを作る」とかですね。

自社サービスのエンジニアは待遇がいいことが多いです。
その中でも大企業にもなると勝ち組ですね。

また、僕は自社サービスの中でもWebエンジニアが理想的だと思います。
Webエンジニアというのは、その名の通りWebサイトを中心としたシステム開発をするエンジニアのことです。

なぜWebエンジニアが理想的かというと、Webサービスの仕事は世の中に必要とされやすいので、需要が高く就職しやすいからです。

ゲームプログラマーなどとは違い、専門的な知識をあまり必要としません。
なので未経験の人でも作りやすいです。

とにかくここに就職することを目標にすればいいと思います。

最後に3のフリーランスエンジニアです。

フリーランスはどこの企業にも所属していません。
つまり、自分で仕事を見つけてこなしています。

自分で仕事を見つけるのは難しそうと思うかも知れませんが、思ったより簡単にできます。

というのも、今はフリーランス向けの仕事紹介サイトがあるからですね。
なので、フリーランスになってすぐ、仕事がないと嘆くことはありません。

フリーランスでいることの最大の特徴は生活が自由ということです。
会社に縛られることがないので、時間的にも精神的にも余裕のある暮らしができます。

ただし、税金関係が面倒なのが惜しいところです。
会社に属していないので、自分で税金の手続きをしないといけません。

ですが、ここに目をつむればこれほど素晴らしい職業はないと思いますね


ここまで、僕なりにエンジニアの種類を説明してきました。

未経験の方は、Web系エンジニアになることを目標にしてください。

フリーランスを目指したい人もいるかと思いますが、実務経験がないと苦労するのでいきなりフリーランスになるのはおすすめできません

大まかにエンジニアがどんな仕事なのか分かったところで、次は学習方法について話していきたいと思います。

プログラミング言語の学習方法を知ろう

エンジニアになるために必須なのが、プログラミング言語を習得することです。

プログラミングスキルは、エンジニアとして最も重要視されます。

しっかりとスキルが身についていれば、エンジニアの世界で生きていくのは簡単です。

なので、正しく効率よく学ぶことが出来る方法を紹介していきます。

具体的な方法ですが、僕の1番おすすめの方法があります。

それは、プログラミングスクールに行くことです。

僕はこの方法が最も効率的だと確信しています。

というのも、僕自身が大学でプログラミングを学んで、あまりにも無駄を感じたからです。

大学で学ぶことは、とても最短ルートとは言えません

意外に思われるかもしれませんが、無駄な時間が多すぎるからです。

実際、大学は学ぶのに4年間も時間をかけないといけません
しかも、プログラミングに当てる時間はそれほど多くありませんでした。

僕は情報工学系の学科に行きましたが、プログラミングの時間は週に1~2限しかありませんでした。

他の時間は、難しい上に必要性のない数学とかです。

しかも、数学なんかは難しすぎて単位を取れないこともあります。

そうなると、再履修で更に時間を無駄にすることになってしまいます。

これってめちゃくちゃ無駄な時間だと思いませんか?

数学の時間を潰して、プログラミングスキルを磨いた方がよっぽど効率的です。

だから、プログラマーになるためには大学で学ぶことは非効率的なんですね。


一方、プログラミングスクールは一切の無駄がありません。

プログラミングに特化しているからこそ、エンジニアになる最短ルートとなるわけです。

プログラミングスクールでは、1~3ヶ月ぐらいの期間で済みます。
実際、就職するだけならこれだけでも十分だと思います。

3ヶ月で済むなら、大学に4年間行くのがどれだけ非効率的か分かりますね。

しかも、プログラミングスクールに入るのに学力なんて関係ありません。

未経験でも文系でも、誰だって問題ありません。
大学受験なんかよりも圧倒的にハードルが低いです。

だからプログラミングスクールは大学で学ぶより効率的なんですね。

プログラミングの学習法には、「大学で学ぶ、プログラミングスクールで学ぶ」以外にもあります。

それは「独学で学ぶ」という方法です。
これは、費用が参考書ぐらいで済むので非常に経済的です。

ですが僕は、この方法はおすすめしません

なぜなら、途中で挫折してしまう人がめちゃくちゃ多いからです

というのも、プログラミングを初心者が一人で習得するのは、難しくて時間もかかるので非効率的です。

特に「一人でする」ということが非効率的です。

教えてくれる人がいないとわからないところをすぐに解決できません。
ちょっとした疑問でいちいち立ち止まっていては、勉強がはかどりませんよね。

しかも、プログラミングを一から習得するには時間がかかるので、モチベーションが保てず挫折してしまう原因となっています。

もちろん、独学でプログラミングを習得した人もいるので、全くできないわけではありません。

ですが、プログラミングスクールで学ぶことと比べると、継続する力が必要ですし圧倒的に非効率なのでおすすめしていません。


また、プログラミングスクールの最大のメリットは、実践レベルで学べることです。
具体的には、実際に企業で使われているプログラミング言語を教えてくれるということです。

教える側がプロのエンジニアなので、どの言語が企業でよく使われているのかや、効率の良い学び方などを完璧に把握しています。

ですので、無駄がなくてとにかく効率的なんですよね。


とくに学習するプログラミング言語の種類には注意しましょう。

大学では主にC言語を学ぶことが多いですが、これは就職には有利ではありません。

というのも、僕がおすすめするWebエンジニアになるために不要だからです。

実際、今現在で就職しやすいと言われているのはWebエンジニアです。

Webサービスで使われる言語を学ぶには、個人に合わせたカリキュラムを組んでくれるプログラミングスクールが最適なわけです


ここまで、プログラミング言語の学習法について話してきました。
プログラミングスクールの良さはわかったと思いますが、どのスクールを選べばいいのかわからないと思います。
なので次は、僕がおすすめするプログラミングスクールを紹介していきたいと思います。

プログラミングスクールへ入ろう

僕がおすすめするプログラミングスクールは TECH BOOSTです。
迷ったらとりあえずここに入ればいいと思います。

他のプログラミングスクールもたくさん見てきましたが、総合的に考えて間違いありません。

他のスクールにはサポートがよくなかったり、就職支援がなかったり、悪い口コミが多かったりと何かしらの欠点があります。
ですが、僕が思うにTECH BOOSTは欠点がありません。

例えば、TECH BOOSTでは個人の目標に合わせたプランを立ててくれます

カウンセラーによって学習プランが考えられており、就職支援付きというのもあって、サポートが非常に充実しています。

また、プロのエンジニアの方へわからない点を質問することもできます。
講師の方は、みんな現役のエンジニアというのも信用できるポイントですね。

ここまで手厚いサポートをしてくれるのは、本当にありがたいです。
充実したサポートにより、未経験の方でも安心して学ぶことができます。

だから、僕がTECH BOOSTを一番におすすめするわけです。

今なら無料でカウンセリングを実施しているので、気軽に申し込んでみてくださいね。

【最新】おすすめのプログラミングスクール3選

2019年10月17日

実務経験を積もう

プログラミングスクールを卒業したからと言って、いきなりフリーランスになるのは難しいです

実際、フリーランスエージェントに所属するためには1年の実務経験が必要な場合がほとんどです。

フリーランスエージェントを使わない場合は、友達からの紹介やSNSから仕事をとることが多いですね。

しかし、エンジニアになりたての方には難しいことだと思います。

それに実務経験がない人がいきなり仕事を任されても、勝手がわからないのでうまく仕事をこなすことができないこともあります。

なので、まずは就職して最低でも1年は実務経験を積みましょう。

むしろ、たった1年の実務経験さえあれば、簡単にフリーランスになれちゃいます。
フリーランスの人と正社員の方を比べても、やっていることはほとんど変わりません。
フリーランスだからと言って、特別なスキルは必要ありませんからね。
敷居が高そうに見えても、本当にたった1年でなることができます。

それと、できることなら就職している間に人脈を増やしまくりましょう。
フリーランスになったときに、仕事をとりやすくなりますよ。

フリーランスエージェントを使うと仲介料がかかってしまうので、自分で仕事をとれるように人脈を増やすのは効率的ですよ

フリーランスになろう

フリーランスになる方法ですが、最初はフリーランスエージェントを使うことをおすすめします。

というのも、フリーランスになりたてだと仕事がなくて困ってしまうからです。

最初から自分で仕事をとってこれる人は少ないと思うので、特に最初のうちはフリーランスエージェントに頼りましょう。

フリーランスに慣れてきたら人脈をフル活用したり、SNSを利用したりして仕事を探していきましょう。

好きな時間に好きな場所で仕事ができるようになると、人生を有意義に過ごすことができますよ。

海外で自由に暮らしている人もいるぐらいです。

そんな生活を目指して、フリーランスの道へと進んでいきましょう。

まとめ

未経験の方がフリーランスになる流れはつかめましたか?

まずはプログラミングスクールへ入って、プログラミングスキルを身につけることを目標にしましょう。
そうしたら、1年以上の実務経験を経てフリーランスになるだけです。

この通りにしていけば、未経験でも簡単に最短でフリーランスになることができます。

正しい方法でプログラミングを学べば誰でもエンジニアにはなれますし、エンジニアになればフリーランスになることも簡単です。

むしろ、間違ったやり方で学ぼうとすると挫折して失敗してしまいます。

お金をケチって独学や無料スクールで学ぶのは危険ですね。

挫折してしまったらお金も時間も無駄になってしまい、元も子もないですよ。
プログラマーになったらスクール代なんかはすぐに取り戻せるので、安心してください。

何事にも正しいやり方というのがあります。
エンジニアになるにしても、正しい方法でスキルを身につけましょう。

ということで、まずはプログラミングスクールで無料カウンセリングを受けることから始めてみましょう。