エンジニアの仕事は激務なのは嘘なの!?本当は・・・?

こんにちは、真です。

今回はエンジニアの仕事は激務なのかについて話していきたいと思います。

というのも、エンジニアを目指している人で「エンジニアの仕事は激務なんじゃないか?」と不安になる人が多いからです。

せっかく目指そうと意気込んでいたのに、残業ばかりだとか激務で待遇もよくないとか聞いちゃうと勉強するやる気もなくなりますよね?

実際、正しいかわからない情報がありふれています。

エンジニアは高収入で定時には帰れるという人もいれば、低賃金で夜遅くまで残業させられるという人もいます。

どれを信じればいいのかわからないと思うので、エンジニアの現実を知ることで不安を解消してほしいと思います。

エンジニアは激務なのか?

結論から言ってしまうと、会社によって激務かどうか変わります

一言でエンジニアといっても、種類があるので一概には言えません。
激務な会社もあれば、待遇のいい会社もあるわけです。

ですので、ここではどんな会社が激務でどんな会社が好待遇なのかを具体的に説明していきたいと思います。

これさえ知っておけば、過酷な環境で働く可能性をぐっと減らすことができますよ。

それでは具体的にいいますと、
SIerのようなシステム開発を請け負う会社のエンジニアは激務ですが、自社サービスのシステム開発を行うエンジニアは激務ではないことが多いです。

それでは、この二つの違いについて詳しく見ていきましょう。

SIerが激務なわけとは?

SIer(エスアイアー)とは辞書によると「システムインテグレーション(SI)を行う業者のこと」です。
この説明を聞いてもピンと来ないと思いますので、簡単に言うとシステム開発を請け負う業者のことです。

なぜSIerが激務なのでしょうか?
それは似たようなライバル会社が多く、価格競争となってしまうからです。

SIerに限らず、他社から受注・納品することを事業にしているタイプは、ライバルとなる企業が多いです。

ライバル企業が多いということは、より多く受注してもらうために低価格で受注したり、人件費を削減したりするわけです。

その結果、エンジニアの仕事量が増えてしまい収入も下がってしまいます

また、SIerは業務を請け負う会社なので委託する側の会社に左右されることも理由のひとつです。

「仕事量に対して報酬が少ない」
「短い期間なのに膨大な作業量」
「無理難題を押し付けられる」

このようなことも珍しくありません。
やはり、仕事を請け負うような会社はどの業界でも苦しい状況です。

一方、自社サービスのシステムを作る場合はというと自社のエンジニアが開発を担当するので極端な価格競争にはなりません。

しかも作ったシステムの出来がよければそのエンジニアは正しい評価もされますし、業績が良くなれば給料アップにも繋がります
激務とは正反対のように見えますね。

SIerだとどれだけ素晴らしいシステムを作っても正しい評価をされることはなく、単価が上がるわけではないので給料も増えません。

ひたすら多くの仕事をこなすだけとなってしまいます。
だからSIerは激務と言われているわけなんです。

SIerに就職するのはおすすめしない。代わりに○○になれ!

2019年8月20日

自社サービスのエンジニアの場合は激務なのか?

自社サービスを作るエンジニアの場合、激務かどうかは会社によるので一概には言えません。

ですがSIerと比べると激務ではないことが多いように感じます。

というのも、自社で仕事が完結しているために納期や作業量に融通が利きやすいからです。

あくまでも自社開発なので開発状況に応じて臨機応変に対応することができます。自社のサービスをより良いものにしようと開発期間を延ばすことだってありますからね。

一方、受託開発だと期間も予算も指定されて融通が利かずに激務となってしまいます。
請け負っている立場上、納期を守ることは絶対ですし期間を延ばしにくいので膨大な作業量となることもあります。

つまり自社開発の融通の利きやすさが激務とはなりにくい理由ですね。

もちろん納期前だと忙しくなることもありますが受託開発をひたすら行うよりかは楽だと思いますよ。

激務な会社かを見分ける方法

ここまで激務とそうではない会社の違いを説明してきました。

やはり激務な会社には入りたくないですよね?
毎日のように残業して休日出勤が当たり前で、それなのに低収入とか誰だって嫌です。
せっかくプログラミングというスキルがあるのにブラックな会社に入るのはもったいないです。

ということで、激務な会社かを見分ける方法を書いていきたいと思います。なるべく求人情報からわかることを伝えたいと思います。

給料が極端に低いor高い

給料が低い場合はひたすら人件費を抑えようとしている会社です。

ですので、コストを減らすために人一倍、労働させる傾向があります。
なるべく従業員にお金を払いたくないので、激務を強いられる可能性が高いです。

プログラミングのスキルが十分にあればわざわざ低収入の会社に入る必要はありませんよ。

では給料が高すぎる場合ですが、これも怪しんだ方がいいですね。

一見すると好待遇のようにみえますが裏があるかもしれません。
高すぎる給料は、たまたま給料が高かったときのものだったり、残業代が上乗せされた表記だったりします。

注意書きが目立たないように書かれていることもよくありますね。
給料が高い=好待遇とは限りません。
高収入の代わりにめちゃくちゃ忙しい仕事という場合も十分にありえます。

もちろん高収入で待遇もいい会社もあるので、給料が高いという点だけでは完全に見分けることは不可能ですね。

求人募集の人数が不自然に多い

募集人数が不自然に多いのも激務な会社の可能性が高いです。

特にいつも求人募集をしているような会社は要注意です。

募集が多いということは人の入れ代わりが多く辞めていく人が多いと思います。
離職率が高いのは、ブラック企業の可能性が非常に高いです。

ですので、募集人数が不自然に多いかどうかも注意して判断しましょう。

抽象的な言葉ばかりを使う

抽象的で具体性のない言葉をたくさん使っている会社も気をつけた方が良いです。
例えば、

  • 「やりがいを感じる」
  • 「アットホームな会社」
  • 「若者の夢を応援」

などですね。

こういう言葉は求人で普通に見かけると思いますがたくさん使われていると注意が必要です。

具体性がないとどんな会社なのかがわからないので、激務なことを隠そうとしている恐れがあります。

仕事内容も具体的に書かれている会社の方が優良企業の可能性は高いですね。

以上が求人情報から激務な会社かを見分ける方法です。

求人情報以外だと、SNSで情報収集するのも見分けるのに有効ですね。

まとめ

これまでの話をまとめると、

  • エンジニアの種類によって激務かどうかは変わる。
  • SIerは激務になりやすく自社開発のエンジニアは好待遇になりやすい。
  • 求人情報から激務かどうかを見分けよう。

エンジニアという職業は、残念なことに格差が激しいです。

ですが、めちゃくちゃホワイトで好待遇な会社も多いし、再就職もしやすいので不安になることはないと思います。

エンジニアを目指す方も就職先を正しく選べば激務な環境に苦労することはありませんよ。

プログラミングスキルを活かして良い環境で仕事をできるように目指しましょう!