プログラミングを独学で習得するのはおすすめしない3つの理由

こんにちは、真です。

今回はプログラミングを独学で勉強するのはやめた方がいいということについて話していきたいと思います。

プログラミングを一から学ぼうとする方から、おすすめの勉強方法を聞かれることがよくあります。

プログラミングの勉強方法というと独学と真っ先に思い浮かべる方が多いと思います。確かに独学はコストもかからないし自分のペースで学習できるので、一見すると非常に良い方法だと思いますよね?

ですが、過去に独学でプログラミングを習得しようとして挫折したことがある僕は、独学での勉強は絶対におすすめしません。
というわけで早速、その理由を話していこうと思います。

モチベーションを保てない

プログラミングを習得するには難しい上に、かなりの時間がかかります。
特に独学でやるならなおさらですね。

長期間、難しい学習しているとモチベーションが段々下がってしまうわけです。

もちろん最初のうちはやる気に満ち溢れています。
ですが、うまく理解ができない問題に直面すると途端にやる気が無くなってしまいます。

プログラミングは難しいですから一人でやるとなるとモチベーションの維持が大変です。

わからない問題が出た場合に独学だとすぐに質問などができずに立ち止まってしまいます。

理解ができずに勉強が進まないのはモチベーションを低下させる大きな原因ですね。

このように、独学は自分一人での戦いなのでモチベーションを保てなくなりやすいです。

僕の場合、高校時代に独学で勉強しようとしたことがあります。
しかし、結局は挫折してしまったわけです。

高校での勉強が忙しくてプログラミングの勉強に時間を割けなくなったからですね。

次第にプログラミングに対するモチベーションがなくなってしまいました。

それに加えて一緒にプログラミングを勉強する友達もいませんでした。
勉強する仲間がいるだけで「自分も頑張らないとな。」とモチベーションの維持につながりますからね。

プログラミングを独学で学ぶ上でモチベーションをいかに維持するかは大事だと思います。
そうでないと僕みたいに挫折してしまうことになりますよ。

時間がかかって非効率

独学は時間がかかりすぎてしまうという大きなデメリットがあります。

プログラミングを独学で学習すると、どうしてもわからない箇所が出てきます。

もちろん、放置することは出来ないので参考書を読み込んだりネットで調べたりしますよね。

しかし、それでも理解できないことが多々あります。
すると、そこでつまずいて時間が無駄に過ぎていきます。

これはどうしても避けたいところですが独学で勉強する以上、避けるのは非常に難しいです。
1度つまずいて放置しちゃうとますますモチベーションの低下にもなってしまいますからね。

このように、独学においては時間がかかり非効率的なのです。

 

これを避けるためにはどうすれば良いでしょうか?

一番いいのはプログラミングができる人に教えてもらうことです。

ですが、身近にプログラミングができる人なんてそうそういませんよね。
もしいるなら、その人に質問等をすることをおすすめします。

もしプログラミングの質問をできる人がいなければ独学で学ぶことはおすすめしませんね。

どうしても非効率的な勉強法となってしまうからです。

独学でエンジニアになる人は少数派

独学からエンジニアになる人は、たった1割しかいないと言われています。

つまり、残りの9割の人は挫折してしまっているわけです。

  • 大学や専門学校で学んだ人
  • プログラミングスクールから就職した人
  • 知り合いのエンジニアから教えてもらった人

エンジニアの多くはこれらに当てはまっていますね。

独学での挫折率の高さの理由には、質問できる環境があるかが関わってきます。

上記の人達はすべて、質問できる環境が備わっています。
だから挫折しないでエンジニアになれたわけですね。

独学でエンジニアになる人が少ないことにも、このように明確な理由があります。

 

もちろん、独学でもエンジニアになった方は1割いるのですから、
どうしても独学で勉強したいというのなら止めませんよ。

むしろ、独学で勉強できる方を尊敬しますね。
僕は一度挫折したものですから、独学できる1割の方が本当に羨ましいです。

独学以外でおすすめの勉強法

ここまで、独学での勉強はやめた方がいいと書いてきました。
それでは、独学以外でどのような勉強法が効率的でおすすめなのでしょうか?

僕のおすすめはプログラミングスクールで学ぶことです。

未経験からエンジニアになるときに絶対に失敗したくないですよね?

残念ながら独学で勉強しようとすると挫折率がめちゃくちゃ高いんですよね。

エンジニアーへの転職を成功させるためにはプログラミングスクールが最も良い方法だと思いますね。

例えば、スクールでは効率のいい勉強の仕方どのプログラミング言語を学習した方がいいのかを教えてくれます。

わからない箇所や疑問点もすぐに解決できますし挫折しにくい環境で学ぶことができます。

参考書やネットの情報だけだと、書いてあることがバラバラで何をすればいいのか分からなくなってしまいますからね。

 

いざ独学で勉強しようと思っても、

  • どのように勉強するのが身につきやすいのか?
  • どの言語を学ぶのが就職に有利なのか?

などと、このように分からないことだらけです。

 

ですがスクールならすべてを解決してくれるわけですね。

なぜなら、プログラミングの勉強に特化した環境だからです。

プログラミングに必要ないものは徹底的に排除されています。

例えば、僕は大学でプログラミングを勉強しましたがプログラミング以外の科目も学びました。

しかし、正直に言ってエンジニアになるのに無駄なことが多すぎました。

プログラミングスクールは特化しているからこそ、必要な時間も短いですし教える側もプロフェッショナルなので無駄がないのです。

大学を出たからこそ言えますが絶対にプログラミングスクールに行く方がおすすめですよ。

まとめ

プログラミングの独学はおすすめしない理由について話してきました。
これまでのことをまとめると

  • モチベーションが保てず挫折してしまう
  • 人から学ぶ方が理解しやすいし効率的
  • 挫折率が高く、独学でエンジニアになった人が少ないことが証拠
  • プログラミングスクールの方が挫折しにくくおすすめ

これからプログラミングを学ぼうとする人は、独学での勉強はやめた方がいいですね。

人から教わることのできる環境はお金で手に入れることができます。

効率よく勉強して短期間でエンジニアになれるように頑張っていきましょう。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選