キャリアチェンジをするなら絶対にエンジニアになるべき!!

こんにちは、真です。

今回は、キャリアチェンジをするならエンジニアになるのがいいということについて話していきたいと思います。

というのも、エンジニアという職業にキャリアチェンジをするとなると、どうしても敷居が高いと感じてしまうからです。

しかし、僕自身がエンジニアだから言えるのですが、エンジニアにキャリアチェンジするメリットはめちゃくちゃ大きいと思います。

確かにプログラミングを未経験の人がエンジニアになるには、難しいですし時間もかかります。

ですが、プログラミングさえできるようになってしまえば、最高の職業だと思っています。

ということで、キャリアチェンジにエンジニアを選ぶのがいい理由について詳しく書いていきたいと思います。

高収入であるから

技術職なので当たり前ですが、 全体的に高収入だといわれてますね。

誰もが簡単にはできない仕事だからこそ、見返りも大きいわけです。

未経験やスキルがない人でも簡単になれるような職業は、どうしても収入が低くなりがちです。

プログラミングは何も知らない人にやらせても、全く意味が分かりませんよね?
マニュアルさえあればできる仕事とは訳が違います。

プログラミングというスキルを持っているからこそ、ステータスも高くなるわけです。

スキルや資格を持っていると、就職やキャリアアップに有利となるのと同じですね。

需要が高いから

エンジニアという職業は、需要がめちゃくちゃ高いです。

これからの時代、プログラミングというスキルは重要なものになってきます。

色んな企業がITを駆使してビジネスを展開していますし、これからもIT技術を求める企業が増えていきます。

なので、エンジニアの需要も増え続けて仕事に困ることはありません。

AIに仕事が奪われるという話もあるように、仕事がなくて困る職業がたくさん出ています。

大手企業がロボットを大量に整備した結果、その分だけリストラになったという例もありますからね。

そんな中、エンジニアはプログラムを作る側なので、職を失うことはありません。

むしろ、需要は増えるばかりですから、これほど理想の職業はないと思いますね。

人手不足が深刻だから

エンジニアは需要が高いと言いましたが、実は人手不足で供給が追い付いていないんですよ。

エンジニアになるにはスキルが必要となることもあって、現状でも人が足りていません。
企業が未経験者を採用して、一から育成するというのも増えていますからね。

人が足りていないというのは、IT業界にとって深刻な問題です。

しかし、見方を変えれば就職しやすいということでもあります。

ライバルが少ないからこそ、就職もしやすいですし転職も簡単です。

たとえ就職した先がブラック企業でも、スキルがあれば転職してもいいし、フリーランスになって独立してもいいですね。

それほど、仕事を見つけやすいというわけです。

プログラミングの敷居の高さから敬遠されがちですが、このスキルさえ身につけておけば将来的にも安泰ですね。

フリーランスで自由な生活

エンジニアの中でもフリーランスエンジニアになれば、年収1000万も実現可能ですし、好きな時に働いて好きな時に遊ぶといった自由な暮らしも可能です。

エンジニアとして経験を積めばフリーランスになるのは簡単です。

僕自身もフリーランスになって、自由な時間も圧倒的に増えて精神的にも楽になりました。

さらに、仕事で忙しかった時期よりも収入を上回ることもできて、金銭的にも満足のいく生活ができています。

入った会社がブラックだとしてもフリーランスになる道も選択できるので、エンジニアは夢のような職業だと思いますね。

一方で、プログラマーやSEは仕事が忙しくて大変というのは紛れもなく事実です。

しかし、同じ仕事でもホワイト企業がたくさんあることも事実です。

どの業界においてもブラック企業は存在するので、IT業界が特別に激務というわけではありません。

むしろ、フリーランスエンジニアは自分の裁量で決めるので、確実に重労働から避けることができますね。

いつでもフリーランスになれるという意味では、エンジニアは理想的な職業だと思いますね。

大学・専門学校に行く必要がない

プログラミングを習得するのに、大学や専門学校に行かなくても大丈夫です。

というのも、未経験でも募集をかけている企業もありますし、プログラミングスクールで学ぶ選択肢もあるからです。

学校でプログラミングに触れていない未経験の方でも、エンジニアになることは余裕でできます。

特におすすめなプログラミングの習得方法ですが、プログラミングスクールで学ぶことです。

なぜなら、最も失敗しにくい方法だからですね。

大学・専門学校以外での習得となると、独学という方法もあります。

しかし、独学はおすすめしません。

なぜなら、独学は挫折率が9割を超えるほどの難しさだからです。

僕自身、高校時代に独学で学ぼうとして挫折してしまいましたからね。

プログラミングの習得に失敗しやすいので独学はやめた方がいいです。

では、プログラミングスクールが失敗しにくい理由はというと、就職支援がついているからです。

スキルの習得だけではなく、就職するまでサポートしてくれるのでとにかく成功率が高いです。

大学や専門学校に行かなかったとしても、エンジニアになれる環境が整っているわけですね。

僕がおすすめするプログラミングスクールはTech Boostです。
迷ったらここに決めることをおすすめしますよ。

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • エンジニアは高収入
  • 需要が高く、人手不足で転職しやすい
  • フリーランスになれば自由な暮らし
  • プログラミングスクールが転職しやすい方法

キャリアチェンジをするなら、エンジニアほど優れている職業はないと思います。

もし、キャリアチェンジで悩んでいたら早めに行動することをおすすめします。

IT業界は年齢が若くないと非常に苦しくなってきます。

若いうちはスキルも習得しやすいので、取り組むなら今すぐにでもした方がいいですよ。

後悔しないように、キャリアチェンジでいい未来を歩んでいきましょう。

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!