無料プログラミングスクールに絶対に入ってはいけない理由とは?

こんにちは、真です。

今回は無料のプログラミングスクールに入ってはいけない理由について話していきたいと思います。

プログラミングスクールに入ろうと思っている方の中には、無料のスクールを検討している人も多いと思います。

ですが、僕は無料のスクールは絶対におすすめしません!

無料と有料の選択肢を突きつけられると、ほとんどの人が無料の方を選んじゃいますよね?

それは無料と有料の差を知らないからなんですよ。

もしこれらの差を理解できているなら無料のプログラミングスクールは危険だとわかるはずです。

この差を知って、無料スクールの危険性について理解しておきましょう。

無料のプログラミングスクールの仕組み

無料プログラミングスクールでは育成した人材を企業に紹介することで、その企業から紹介料を得て成り立っています。

普通に考えて無料でプログラミングを教えてくれるだけでは、経営が成り立ちませんよね?

無料スクールでは生徒を就職させることを前提としているわけです。

そして、紹介先の企業はブラック企業である可能性が高いです。

なぜなら無理にでも就職させないと利益を出せず、そうなると就職させやすいブラック企業へ送り出そうとするからですね。

ブラック企業と書いていますが、具体的にいうとSES(システムエンジニアリングサービス)と呼ばれる企業のことですね。

「SESって何?」と思う方もいるので、わかりやすく言うと「エンジニアの派遣サービス」のことですね。

SES業界はエンジニアの中でも下請け側の業界なので、ブラック企業の場合がほとんどです。

IT業界は多重下請け構造となっていますが、SESはまさに下請け側で労働環境も悪いです。

SESは派遣ということで就職しやすく、無料スクールが大量に生徒を送り出しているというわけですね。

しかも、無料スクールは途中でやめてしまうと違約金をとられてしまいます。

完全に逃げ道をふさいでいますね。

これが無料でも経営が成り立っている仕組みというわけです。

就職後がつらすぎる

先程も書いたように、無料スクールから就職した場合はブラック企業の可能性大です。

SESに就職したとすると、業務内容も誰でも出来るようなことばかりでスキルが全く身につかないことも多いです。

スキルが身につかないのはかなり痛いことで、将来的にできる仕事を極端に減らすことになりますからね。

これは最大のデメリットだと思いますよ。

たとえ社畜になっても、スキルがあればホワイト企業に転職できますからね。

スキルアップできないのは絶対に避けたいところです。

また、深夜までの残業は当たり前の最悪な労働環境だったりしますね。

就職するまでは無料で学べて良いのですが、就職後にこれほどの環境が待っているとなるとつらすぎるとしか言えませんね。

このように、無料プログラミングスクールには「無料」であるがゆえにがあるわけですね。

IT業界がきついと言われている理由を解説していこうと思う

2019年9月6日

意地でも有料のスクールに入れ!

プログラミングスクールに入ろうと検討している方は絶対に有料のスクールに入りましょう。
そうでないと、ブラック企業に無理やり就職させられて過酷な労働環境の中、働かされるかもしれません。

この事態を避けるためにも有料のスクールに入ることをおすすめします。

また、有料スクールは高額だと感じる方も多いと思います。

しかし、実践的なスキルを習得できて優良な企業に就職できるのはあまりにも大きな差です。

金額以上の差があると思います。

それにエンジニアになれば、稼ぎまくれるのでスクール代を取り戻すのも簡単です。

中でもWeb系エンジニアが頭一つ抜けて稼げるので、Web系のプログラミング言語を習得できるスクールに入ることをおすすめします。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選

習得したい言語を学べないかもしれない

無料のプログラミングスクールだと、習得したい言語を学べないことがあります。

例えば、僕はWeb系のプログラミング言語をおすすめしていますが、無料スクールだとWeb系の言語を学べないことが多いです。

Web系の中でも僕のおすすめしている言語はRubyなのですが、有料スクールでも学べないところがあります。

ちなみにRubyをおすすめしている理由ですが、Web系なので稼ぎやすく、多くのベンチャー企業でも使われているのでフリーランスになった後もめちゃくちゃ稼げるからですね。

このRubyですが、無料スクールだと学べるところはもっと少なくなります。

「せっかく入ったスクールで学びたい言語がない」なんてことは避けたいですよね?

当たり前のことですが、有料スクールの方が学べる言語の幅は広いです。

そういう意味でも有料スクールがおすすめというわけですね。

Web系エンジニアに一番おすすめのプログラミング言語はこれ!

2019年8月22日

お金を払わないとやる気が出ない

無料でできるということは、「別にプログラミングを習得できなくてもいいや」投げやりになってしまう傾向があります。

つまり、無料スクールに行く人の多くはやる気が続かずモチベーションも保てなくなって挫折してしまうということです。

途中で辞めるにしても違約金がかかるので、結果としてマイナスになってしまいます。

まさに負の連鎖ですね。

一方、しっかりとお金を払った場合は、自己投資した分を取り戻そうとやる気に満ち溢れるわけです。

「ここで挫折してしまうと、これまで勉強した分が無意味になってもったいない」という感情が出てくるからですね。

また、有料スクールの方が講師陣の質が高いので長続きしますからね。

プログラミングでモチベーションを保って挫折しない方法

2019年9月12日

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • 無料のプログラミングスクールは絶対にやめとけ!
  • SESなどのブラック企業に就職させられる
  • 学べるプログラミング言語も注意しよう
  • 有料だと質も高くてモチベが続く
  • 有料のプログラミングスクールに入るべき!

結局のところ、プログラミングスクールに入るなら有料のところが安心です。

お金をケチって痛い目を見るぐらいなら、自己投資だと思って払う方がいいですよ。

エンジニアになればお金を取り戻すのもすぐですからね。

有料のプログラミングスクールで確実にエンジニアへの道を進んでいってくださいね。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選