エンジニアになるなら絶対にWeb系エンジニアになるべき5つの理由

こんにちは、真です。

今回はエンジニアになるなら絶対にWeb系エンジニアになるべき理由について話していきたいと思います。

というのも、ただ単になろうと思うと絶対に失敗するからです。

というのもWeb系以外にもたくさんの種類があって、そこを理解していないとブラックな会社に就職してしまい痛い目を見ることになります。

それでは、どういう系統になればいいのかと言うとWeb系エンジニアですね。

個人的にはエンジニアになるならWeb系しかないと思っています。

ということで、絶対にWeb系エンジニアになるべき理由を紹介していこうと思います。

Web系エンジニアとは?

Web系エンジニアになるべき理由を紹介する前に、まずはWeb系エンジニアとはどんな職業なのか確認しておきましょう。

そもそもWeb系エンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションを作るエンジニアのことです。

インターネットを通してサービスを展開する企業で活躍しています。

具体的にいうとショッピングサイトやSNSなどですね。

Webサービスが主体のため、管理するエンジニアが社内にいることが多いです。

下請けではないので、労働環境がいいのも特徴ですね。

オフィスがオシャレだったり、服装も私服でよかったりと自由度が高い企業が多い印象ですね。

高収入である

そもそもIT業界は平均して収入が高いんですよ。

中でもWeb系エンジニアは他のエンジニアと比べると高収入ですね。

というのも、Web系エンジニアはIT業界特有の多重下請け構造には関わってないからです。

多重下請け構造というのは、下請け企業の下請け(いわゆる二次請けや三次請け)といったような、下請けが何重にもなっているピラミッド構造のことです。

どの業界でも言えることですが、一般的に下請けは給料が安いですし、労働環境も決してよくないですよね?

そのため下請けエンジニアよりも断然、収入が多いというわけですね。

もちろん金銭的な面だけではなく、労働環境の面でもWeb系の方が優れていますね。

自由な働き方ができる

Web系エンジニアは働き方の自由度が高いです。
というのも先程も書いたように、オシャレなオフィスで私服でも働ける企業が多いですね。

「スーツじゃないとダメ」といった古くさい考えが取り除かれた企業が多いですね。

特にベンチャー企業では自由度が高い印象がありますね。

中にはリモートワークで出社しなくても仕事ができる企業もあります。

ネット上でできる仕事だからこそ、勤務形態に縛られることなく働けるわけですね。

他にもフレックスタイム制を導入している企業も増えていますよ。

仕事とプライベートとのバランスをとれるのは大きなメリットですよね。

スキルアップをしやすい

Web系エンジニアというのはスキルアップしやすいと感じますね。

仕事内容についてですが、プログラミングの他にもプロジェクトの企画やマネジメントを任されることもあります。

こういった経験をできる企業は少ないと思います。

下請けの企業ではほとんどできないでしょうね。下請けだと最悪の場合、簡単な仕事しかさせてもらえずにプログラミングスキルも上達しないなんてこともあります。

スキルが上達しない状況に何年間もいるのは非常にもったいないです。

スキルを磨くことができれば、キャリアアップにもつながりますし、将来フリーランスになることも簡単ですからね。
Web系エンジニアはとにかくスキルアップをしやすい職業なので、おすすめしているわけです。

スキルに時間とお金を投資したら人生が変わった話

2019年8月24日

案件数が多い

Webサービスの増加に伴い、Web系エンジニアはめちゃくちゃ需要が高いです。

なので、案件数が多くフリーランスになった後も仕事がたくさんあるので有利となるわけです。

Web系エンジニアの需要が高いわりに、人手不足なので仕事がなくて困ることはないと思いますよ。

将来的にもWebサービスは普及し続けるので、需要がなくなるとは思えませんね。

「AIに仕事を奪われる」といったことが危惧されていますが、Webエンジニアには心配いらずですね。

Web系エンジニアになることはメリットしかないと思いますよ。

フリーランスになりやすい

Web系エンジニアは他のエンジニアと比べるとフリーランスになりやすいです。

というのも、先ほども書いたように案件数が多いからですね。

フリーランスになった後に一番困ることは仕事がないことです。

ですがWeb系の仕事は豊富にありますし、そもそもWebエンジニアの数が足りていないのでフリーランスになるのは比較的簡単だと思います。

また会社に属していないので当たり前のことですが、 フリーランスになったらめちゃくちゃ稼げます。

中には年収1000万を超える方もいますからね。

このようにフリーランスになりやすいことは重要だと思いますよ。

フリーランスエンジニアの収入はどのくらい?年収1000万は可能?

2019年10月25日

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • WebエンジニアはWebサービスを作るエンジニア
  • 他のエンジニアと比べても高収入
  • 自由な働き方ができる
  • スキルアップやキャリアアップをしやすい
  • 仕事がたくさんあってフリーランスになりやすい

このようにメリットはめちゃくちゃ多いです。

はっきり言って、エンジニアになるならWeb系にいかないと後悔しますよ。

僕自身もWeb系エンジニアになって心から良かったと思っていますからね。

これからエンジニアになろうとする方は、Web系エンジニアになることをおすすめしますよ。

Web系エンジニアに一番おすすめのプログラミング言語はこれ!

2019年8月22日

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!