フリーランスエンジニアになるメリット・デメリットを解説!

こんにちは、真です。

今回はフリーランスエンジニアになることのメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

フリーランスエンジニアに興味があるけど、どんなメリットやデメリットがあるのかいまいち理解していない人も多いと思います。

ということで、フリーランスについて全く知らない人にもわかりやすいようにメリットとデメリットを解説していきます。

個人的にはフリーランスはメリットばかりだと思いますね。

一般的にデメリットと言われていることも、実際にフリーランスをやっていると実はメリットなんじゃないかと思うことが多かったです。

そういう話もしていこうと思うので、ぜひ参考にしてくださいね。

フリーランスとは?

まず、フリーランスの基本的なことを確認しておきましょう。

フリーランスとは企業や会社に属しておらず、自分でしごとを受注して仕事をする人のことです。

企業や会社に属していないことが色んなメリットやデメリットを生むわけですね。

それではフリーランスエンジニアになるメリットから見ていきましょう。

1.高収入を狙える

フリーランスのメリットとして高収入というのがありますね。

例えば企業に就職しているとどうしても収入に限界がきてしまいます。

どれだけ懸命に働いても与えられる仕事は一定のため、収入を増やすのは難しいです。残業するぐらいしか収入を増やす手段がありませんね。

自分で仕事を増やせないので、例え余力があっても持て余してしまうからです。

また、就職していると会社への取り分がありますね。

フリーランスなら働いた分の報酬をそのまま得られますが、就職していると働いた分から会社への取り分が引かれたものが収入となってしまいます。

このように収入を上げやすく限界がないので、フリーランスは高収入を狙えるわけです。

実際、フリーランスが収入を増やすための最も有効な手段だと思います。

働けば働くほど稼げますし、仕事も選べるので高単価の案件を狙うのもいいですね。

僕もフリーランスになってから収入が倍近くになりました。

しかも、会社に所属していた頃よりも働く時間は減っていますね。

Web系の仕事を受注するようになったのも大きいですが、やはりフリーランスになれば高収入を目指しやすいのでオススメですね。

2.自由な働き方ができる

フリーランスになると自由な働き方ができると思います。

というのも、会社に拘束されないので好きな仕事だけをして好きな時間に働くことができるからですね。

会社に所属していると、与えられた仕事を期限通りに終わらせなければなりませんし、会社へ出勤する時間も決められています。

しかし、フリーランスなら仕事を選べるので自分の生活に合わせて仕事をできるわけです。

リモートワークができる仕事を選べば、会社に行くまでもなく自宅や外出先でも働けますね。

休みたいときに有給休暇なんて取らなくても、好きに休むことができます。

僕も好きなゲームの最新作が出た時に、1ヶ月間も仕事をしない時がありました。

そんなことをしても何も言われないのがフリーランスの特権ですね。

好きな時に働いていて好きな時に遊ぶといった、めちゃくちゃ自由な働き方ができるのがフリーランスの魅力ですね。

3.スキルアップしやすい

フリーランスというのは、1つの会社でずっと働いていくよりも圧倒的にスキルアップしやすいですね。

というのも、色んな会社で色んな仕事をできますし、自分のための時間も豊富に取れるのでスキルアップのための勉強に時間を当てやすいからです。

同じ会社でずっと働いていくと、仕事がマンネリ化してしまいます。

それに比べてフリーランスなら、様々な会社でたくさんの経験ができるのでスキルアップもしやすいわけです。

もしも僕がフリーランスにならなかったら、作業だけの毎日でスキルアップなんて全く出来なかったと思います。

会社によっても違うと思いますが、同じ仕事だけをしていても意味がないことは確かです。

仕事の幅を広げて収入を増やすためにも、フリーランスはうってつけですね。

また、時間にも余裕があるので勉強に時間を費やすことができます。

IT業界は今も進化し続けている業界なので、スキルを磨かないといつの間にか仕事がなくなってしまうかもしれません。

新たな技術にもついていけることで、ずっと稼ぎ続けることができるわけですね。

また勉強する以外にも時間の使い方はあり、自分でオリジナルのツールを作って販売して稼いでいるフリーランスの方もいます。

オリジナルのツールをプログラムするのも、それを販売するのも良いスキルアップの方法です。

ついでに稼げるというのも大きなメリットで、その方は1つのツールだけで数百万円ほど稼いだらしいです。

仕事以外の時間が取れるので、勉強や創作活動もできるのがフリーランスの良いところですね。

フリーランスになるデメリット

フリーランスになるといくつかデメリットがあると言われていますが、個人的にはほとんどデメリットはないと思っています。

というのも最初に書いたように、フリーランスとして生活していると最初はデメリットだと感じていたことも実はメリットに変えられると気づいたからなんですよね。

ということで、詳しく見ていきましょう。

1.安定しない

フリーランスになると仕事がなくて収入や生活が安定しないとよく言われています。

しかし、僕が思うに会社にいた頃よりもフリーランスの方が安定していると思います。

確かに会社にいれば仕事が回ってきますし収入も毎月しっかりと入ってきます。

しかし、それって「会社にいれば」という前提があるからなんですよね。

何が言いたいかというと「リストラされたり会社が倒産したりする可能性がある」ということです。

会社員である限りリストラや倒産の可能性は0ではありませんからね。大企業のリストラもニュースで見かけるぐらいです。

一方、フリーランスは1つの会社にこだわらなくていいので、仕事がなくなる恐怖に怯えなくて済むわけです。

会社員よりもよっぽど安定していると思いますね。

「フリーランスは不安定だ」と言っている人はリストラや倒産を全く考慮していないだけなんですよね。

しかも会社員の収入は会社の業績にも関係してくるので業績が悪化すれば収入も減りますよね。

これって「安定している」と言えるんですかね?

フリーランスなら会社の業績に左右されることなく報酬を得ることができますからね。

もちろん、フリーランスとして仕事を安定してとるにはしっかりとしたスキルを身につけていなけでばなりません。

つまり、スキルさえしっかりと持ってさえいれば仕事を探すのは簡単なのでフリーランスの方が「安定している」と思っているわけです。

2.確定申告が面倒

フリーランスのデメリットでよく言われるのが確定申告が面倒ということですね。

これについてですが、僕は確定申告は完全に外注していますね。

確定申告書類の作成なんかに数日間も時間をかけていられません。

必要経費だと思って外注していますし、実際にめちゃくちゃ楽ですからね。

外注すると費用が数万円ほどかかりますが、外注して空いた時間で働いて費用を取り戻せばいいだけですから。

エンジニアという得意分野で稼いで、確定申告という苦手分野は外注に丸投げするが賢い選択だと思いますよ。

また、確定申告をすることは節税できるというメリットがありますね。

自分で確定申告をするからこそのメリットというわけです。

確定申告をすることは一見するとデメリットに見えることですが、外注すれば多少の費用がかかるぐらいであって、フリーランスになった後の収入を考えるとプラスですね。

確定申告は面倒と思うかもしれませんが、外注すれば済む話ですし節税できるメリットもあるので大したデメリットではありませんね。

3.モチベーションの維持が必要

フリーランスは自由であるメリットがありますが、言い換えると自分でモチベーションを維持して仕事をしないと収入がなくなってしまうということです。

会社員なら上司や同僚がいるので仕事をサボることはできませんが、フリーランスなら仕事をしなくても何も言われませんからね。

自分を戒めてくれる人がいないために、自分でモチベーションを維持する必要があるわけです。

もちろん、これは完全にデメリットというわけではなく「自由である」というメリットを悪く言っただけで根本的にはメリットですよ。

自由だからこそ自分でけじめをつけて仕事をしていかなければならないというだけですね。

中には自由すぎるのが苦手な人もいると思うので、そんな人にはフリーランスは向いてないですね。

自分で考えてしっかりと行動できる人はフリーランスに向いていると思いますよ。

4.社会的信用が低い

個人的にフリーランスの1番のデメリットは「社会的信用が低い」ことですね。

他のデメリットについては、メリットに変換できますし簡単に対策することもできます。

しかし、「社会的信用」に関しては非常に厄介なデメリットだと感じましたね。

例えば、「クレジットカードを作る」「家を借りる」「ローンを組む」といったことですね。

クレジットカードを関しては意外と簡単で、フリーランスになる前に作ればいいだけです。

フリーランスになるなら実務経験は必須なので、会社員であるときに作っておきましょう。

問題は「家を借りる」「ローンを組む」ことですね。

「家を借りる」ことに関してですが、例えば2~3年間分の所得証明書類が必要となる場合があります。

ですので、フリーランスになってすぐに引っ越すことが難しいですし、そもそも収入が少ないとどうしようもありませんね。

「ローンを組む」ことに関しても似たようなものですね。

いくら収入があっても、お金を借りられないことはざらにあります。

特にフリーランスになりたての場合は不可能に近いです。

ある程度の安定した収入があれば借りられる可能性はありますが、正社員と比べると大きなデメリットですね。

対策としては、正社員のうちにローンを組んでからフリーランスになることですね。

基本的にはこの方法しかないですね。

例外的には、配偶者が正社員で十分な貯蓄や収入がある場合などです。

「社会的信用が低い」ことは避けられないデメリットなので、できる限りの対策はしておきましょう。

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • フリーランスは高収入を狙える
  • 自由な働き方ができる
  • スキルアップをしやすい
  • リストラや倒産する心配がない
  • 確定申告は外注でいいし節税もできる
  • 社会的信用が低いので要注意

フリーランスには会社員にはないメリットがたくさんあります。

これらのメリットを感じたいなら絶対にフリーランスになるべきですね。

ただし、デメリットもあるのであらかじめ対策を考えておきましょう。

デメリットを知らずにフリーランスになるのは危険ですからね。

メリットとデメリットをしっかり理解してフリーランスになるか決めていきましょう!

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!