社畜でいることに疲れたあなたへ!辛い仕事はさっさとやめてOK!

こんにちは、真です。

いきなりですが、このブログのタイトルにもあるように僕は社畜でした。

当時は仕事に行くのが億劫でとにかくつらかったですね。

何のために生きているのだろうと自問自答することも少なくありませんでした。

仕事をやめようにもなかなか踏み切れなくて、いつまでも社畜生活を続けてしまっていました。

「仕事をやめる」と簡単に言うけれど、実際はかなり勇気のいることですからね。

「今やめたら会社に迷惑がかかる」「やめた後の生活費や仕事はどうしよう」「転職がうまくいくか不安」などのように思ってしまいますからね。

周りの人は「仕事が辛いならやめればいいのに」と言ってきますが、心理的に非常に難しいですよね。

 

しかし、僕は辛かった社畜生活から抜け出すことができました。

それは辛い仕事をやめたから実現できたわけです。

今だから言えますが、辛い仕事からはさっさと逃げた方が絶対に良いです。

なぜ僕はもっと早く会社をやめなかったんだろうと後悔しています。

ですので、あなたが過去の僕と同じように社畜になってしまって辛い思いをしているのなら、今すぐにでもやめることをおすすめしますよ。

いつまでも社畜でいると取り返しのつかないことになり後悔してしまいますよ。

周りの目は気にするな!

会社をやめるとなると、どうしても周りの目が気になりますよね?

しかし、いつまでも周りの目を気にしていては社畜から抜け出すことはできません。

周りの人の言うことはまったく気にしなくていいと思います。

たとえ上司や同僚に相談して止められたからと言っても無視して構いません。

辞めてしまえばその会社とは関係なくなりますからね。

周りの目は怖いですが、むしろ会社をやめずに苦しみ続けることの方が怖いことですよ。

人のことなど気にせずに、自分のことを優先して考えましょう。

迷惑とか自己中とか思われるかもしれませんが、僕から言わせればあなたを苦しめている会社の方が迷惑で自己中だと思いますよ。

 

確かに僕の場合でも辞めることを告げるときはめちゃくちゃ緊張しました。

辞める決心をするときも、やめたいとは思っているけれど勇気は出ないような状態でしたね。

そんな時に友人から「周りの目なんか気にせずに辞めたければやめればいいと思うよ」と言ってもらえて踏み出す勇気をもらえました。

そして、会社をやめた後は本当に気分がすっきりとしましたね。

今まで悩んでいたのは何だったのだろうと思うぐらい、気持ちが高ぶっていたのを思い出します。

あなたも周りの目を気にして辞めるか悩むぐらいだったら、今すぐにでも辞めて晴れ晴れとした気分になることをおすすめしますよ。

周りの目を気にしすぎても不幸になるのはあなただけですからね。

ブラックな仕事からは逃げてもOK!

僕はブラックと言われるレベルの仕事からは逃げていいと思っています。

最近ではブラック企業や過労死が問題になっていますからね。

働き続けて鬱になったり過労死でもしたら元も子もないですよ。

そんな結末はだれも望んではいません。

あなたがこのまま働き続けても問題なければよいのですが、もし体を壊してしまうかもしれないのならその仕事からは逃げるべきですね。

 

よく「どの仕事も辛いのは変わらないから我慢しろ」という方がいます。

あなたの周りにもいるんじゃないですかね?

確かに仕事をしている以上は辛いこともたくさん出てきますし、我慢しろという言い分もわかります。

しかし、仕事の辛さといっても程度というものがあります。

一般的に激務と言われるようなブラック企業で仕事が極端に辛いのなら、その辛さを我慢する必要なんてありませんよ。

あなたの働く会社がブラックかどうか判断してみてください。

1人では判断がつかないようなら、友人や家族に相談してみてください。

そしてブラック企業だと思ったのなら迷わず会社をやめましょう。

そこで働き続けていても鬱や過労死などの悲しい未来しか待っていませんよ。

行動しなければ何も始まらない

もし社畜生活を続けていても絶対に抜け出すことはできません。

自分から行動を起こさなければ変わることはできませんよ。

朝起きて会社へ出勤して辛い仕事をひたすらにこなして夜遅くに帰ってくる、といったようなサイクルをずっと続けていくことになってしまいます。

それが40年ほども続くと考えたら地獄ですね。

このサイクルはあなたが行動を起こさない限り変わることはありません。

誰かが救いの手を差し伸べてくれるほどやさしい世界ではないんですよ。

何もしなくても誰かが救ってくれるなら、鬱になる人も過労死する人も出てきませんからね。

自分から抜け出そうとして行動することが重要というわけです。

 

世の中には自由気ままな生活を送っている人がたくさんいます。

今の僕もその一人ですかね。

過去の僕はそんな人に憧れて、自分も自由な生活を送りたいと思うようになりました。

そのために会社をやめてフリーランスエンジニアになるという行動をしたわけです。

勝ち組と言われている人は何もしないで勝ち組になったわけではありません。

行動したから勝ち組になれたわけです。

何をするにしても行動しなければ始まらないので、まずは行動することを意識して実行していきましょう。

勝ち組になるにはたった1つの方法しかないという話

2019年12月1日

辞めた後に何をするのか考えよう

勢いに任せて会社をやめようとしても、その後が無計画なら困りますよね。

ということで、今の会社をやめた後に何をするのかを考える必要があります。

 

例えば、転職するにしてもどんな職業になるのかを決めますよね。

すぐには転職せずにスキルを身につける期間を設けることも考えられます。

僕の場合、仕事をやめた後に新しくプログラミング言語を学びましたね。

もちろん、フリーランスエンジニアになるための勉強です。

 

また、僕の友人にも別業界への転職経験がある人が数名います。

友人の1人は職業訓練校に行ってスキルを身につけて転職しましたね。

他のパターンだと、僕がおすすめしたのですがプログラミングスクールに入ってWebエンジニアになった友人もいます。

その彼も今では僕と同じくフリーランスエンジニアになって、最近では一緒に仕事をすることも多くなりましたね。

 

このように、仕事をやめた後に何をするかをあらかじめ決めておきましょう。

全くの無計画でいきなり仕事をやめるのはさすがに怖いですからね。

 

もしあなたが特にしたいことも決まっていないというのなら、僕はWebエンジニアになることをおすすめします。

エンジニアとして実務経験を1~3年ほど積めばフリーランスエンジニアになることだってできますよ。

僕が思うにフリーランスエンジニアは社畜からは程遠い職業だと思います。

仕事を選ぶのは自分ですし、働く時間のわりに高収入ですからね。

転職してもなりたい職業がない方や、自由な仕事につきたいという方はWebエンジニアになることを検討してみてくださいね。

フリーランスエンジニアに学歴は関係ない!?その根拠とは?

2019年10月8日

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • 辛い仕事はさっさとやめてOK!
  • 周りの目は気にするな
  • ブラック企業からは絶対に逃げるべき
  • 行動しなければ何も始まらない
  • 辞めた後のことを考えておこう

あなたが社畜生活に疲れたというのなら、その仕事は迷わずやめていいと思いますよ。

これ以上、同じ生活を続けていても体を壊してしまうだけですからね。

辞めた後に何をするかを決めさえすれば、そんな生活からは逃げていいんです。

「逃げるが勝ち」ということわざがあるように、ブラック企業に対しては逃げるのが正解ですからね。

 

辞めた後にどうすればいいのかわからないという方は、僕と同じフリーランスエンジニアになることを目指してみてはいかがでしょうか?

未経験からフリーランスエンジニアになるまでを徹底解説!

2019年8月8日

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!