時間を効率的に使わないと勝ち組にはなれないという話

こんにちは、真です。

今回は時間を効率的に使わないと勝ち組にはなれないという話をしていきたいと思います。

というのも、世の中の人は行動しようとせずに時間を無駄に消費しているだけで非常に勿体ないと感じたからです。

例えば将来なりたい職業や叶えたい夢があるにも関わらず、ダラダラと時間を過ごしているだけの人とかですね。

日々の仕事で時間が無いというのなら、残った時間をどうやって効率よく使うのかが重要になってきます。

勝ち組になった人はみんな時間を効率よく使っているわけですね。

中でも若いうちから起業などをして成功を収めてきた方は、超効率的だということです。

あなたも勝ち組の仲間入りを果たすためにも、効率的な時間の使い方を知っておきましょう。

僕は時間を無駄にしてきた

僕の過去を振り返ってみると、時間をめちゃくちゃ無駄にして過ごしてきたなと後悔しています。

特に大学時代はひどかったです。

授業、サークル、バイトのサイクルをひたすら繰り返しているだけでしたからね。

一見すると普通の大学生のように思えるかもしれませんが、実は無駄なことであふれています。

 

まずサークル活動についてですが趣味をやるだけのサークルだったので、ただの思い出作りに終わってしまいました。

別に大学生が思い出作りにサークルに入ることは何も悪いことではありません。

しかし、遊んでいる時間があるなら将来のために行動する方が絶対に良いというだけの話です。

例えば僕の場合ですと、プログラミングの勉強をしたりインターンシップへ参加したりですね。

プログラミングを早いうちから習得していれば、エンジニアになってから必死に勉強しなくても仕事をこなしていけますし、余裕をもってキャリアアップにつなげることができます。

インターンシップを経験していれば、就職後の業務内容や仕事の流れも把握できているので、大きなアドバンテージを持っていることになりますよ。

就活にも有利で大企業へ入ることも比較的簡単になりますからね。

 

またサークル活動のように趣味も大切だとは思います。

しかし、他の時間を犠牲にして趣味に没頭するのは愚策だと思いますね。

というのも、大学でどれだけ努力したかで将来の収入が決まるわけです。

すると、高収入の方が趣味にお金をかけやすくなりますよね?

その方が絶対に楽しいですし、もちろん趣味意外に使えるお金も増えますからね。

ですから、サークル活動は没頭せずに適度に楽しんでストレスを発散するのがいいというわけです。

趣味にお金をかけたいという人ほど、お金を稼ぐことを第一の目標にするべきですね。

 

また、アルバイトも個人的には無駄な時間の使い方だったなと反省しています。

というのも、僕は生活に困っていてバイトをしていたわけではありませんし、何よりバイトの経験が将来の役に立たなかったからです。

誤解のないように言っておきますが、アルバイトも内容によっては良い時間の使い方なんです。

例えば、自分が目指している職業のバイトだったらインターンシップのようで理想的です。

しかし、エンジニアになろうとしているのにコンビニのバイトをしても意味がないんですよ。

コンビニのバイトをしてプログラミングの技術がつくわけではありませんからね。

関係のない業種のバイトをするぐらいだったら、おとなしく将来に向けた勉強をするべきです。

「アルバイトはいい経験になる」という言葉は、将来的にその業界に勤める場合だけですから勘違いしないでくださいね。

 

大学生という時間に余裕がある間だからこそ、だらだらと過ごしていないで有意義に時間を消費するべきなんですよ。

就職してから新たに勉強してスキルを身につけるのは大変ですからね。

就職した後でも若いうちの方が身につきやすいので早めに行動するべきですよ。

勝ち組になるにはたった1つの方法しかないという話

2019年12月1日

無駄な時間を省くという考え方

僕の過去を振り返った結果、あるものが足りていませんでした。

それは無駄な時間を省くという考え方です。

「無駄な時間」というのは、将来の役に立たないような時間のことです。

何もしないでぼーっとしたり、ひたすら趣味に没頭したりですね。

これらはただただ時間が過ぎるようなもので、とにかく減らすべきです。

もちろん、完全に省くことはできないと思います。

僕自身も趣味を一切するなと言われても無理ですし、息抜きは大切ですからね。

ですから、本当に無駄だと思うことはやらないようにしてください。

普段からスマホをいじってばかりの人とか、一日に何時間もゲームをしてしまう人とかは要注意ですね。

しっかりとリミッターをかけないと、ただ時間を無駄に過ごして勝ち組とは程遠くなってしまいますよ。

 

勝ち組になれる人というのは自分をしっかりと制御できる人のことです。

僕も行動するのは遅かったものの「フリーランスになる」という目標を立ててからは、趣味の時間をとにかく削って勉強することに集中しましたからね。

取り返しのつかないことなんてないので、今からでも無駄な時間を省いて勝ち組を目指しましょう。

あなたは本当に目標に向かって努力してる?逆算することが超重要!!

2019年12月25日

時間をお金で買うという考え方

先程の考え方の延長なのですが、時間をお金で買うという考え方も重要です。

「時は金なり」という言葉があるように、時間というのは有限で貴重なものです。

あなたが使える時間を増やす効率的な方法は「お金を使うこと」です。

例えば、英会話やプログラミングなどのスキルを身につけたい場合、お金を使わないなら独学で勉強することになりますよね。

しかし、独学では習得するのは難しく時間もたくさん費やしてしまいます。

そこで、お金を投資して英会話スクールやプログラミングスクールに入ることで、簡単に短期間で習得することが可能になるわけです。

 

このようにお金を投資することで結果として時間を大幅に節約することができます。

これが時間をお金で買うということですね。

 

実はこの方法は「お金を稼ぐこと」に繋がります。

先程の例で、プログラミングを独学で習得するのに1年かかったとしましょう。

またプログラミングスクールで習得する場合、習得するのに3ヶ月かかりスクール代に30万円を支払ったとします。

つまり、プログラミングスクールを利用した場合は30万円で9ヶ月間の勉強時間を買ったことになります。

 

この節約できた9ヶ月でエンジニアとして働く場合、費やした30万円を取り戻すのはあまりにも簡単です。むしろ大幅に利益を得ている状態ですね。

最初に30万円の支出があったのにも関わらず、最終的にはめちゃくちゃ得をしていますね。

 

もし最初にお金をケチって独学で勉強する場合、お金を節約したように思っても実際は損をしているということになります。

負け組がいつまでも負け組のままでいる理由かも知れませんね。

勝ち組になりたいなら、「時間をお金で買う」という考え方を身につけるべきですよ。

スキルに時間とお金を投資したら人生が変わった話

2019年8月24日

まとめ

ここまでの話をまとめると、

  • 無駄な時間を省くという考え方
  • 時間をお金で買うという考え方

この2つの考え方を身につけることが大切ですね。

 

時間はみんな平等に与えられた財産です。

これをどのように使用するかで勝ち組になれるかどうかが決まってきます。

あなたが本当に勝ち組になりたいのなら、これからは時間を効率的に使うようにしていきましょう。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!