プログラミングは本当に稼げるの?

こんにちは、真です。

今回はプログラミングは本当に稼げるのかを解説していきたいと思います。

これからプログラミングを学びたいと考えている人にとっては、本当に稼げるのか疑問に思ってしまいますよね。

もし習得した後に稼げないとわかってしまえば、時間やお金を無駄に費やすことになってしまいますからね。

ということで、早速内容に入っていきますよ。

プログラミングが稼げるのは本当!

最初に結論から言ってしまうと、プログラミングが稼げるのは本当のことです。

もちろん、でたらめに言っているのではなくしっかりとした根拠がいくつもあります。

その根拠を知らないでいると、たとえプログラミングを習得したとしても稼げない状態に陥ってしまうかもしれません。

ですので、なぜプログラミングが稼げるといっているのか理解するようにしていってくださいね。

ビジネスにおいて欠かせないから

まずプログラミングはビジネスにおいて欠かせないものだからです。

例えば、Webサービスを作りたいと思ったら最初に考えなければいけないことですよね?

どれだけWebサービスの構想を練ったとしても、実装することができなければ意味がありません。

プログラミングはビジネスの場においてなくてはならないスキルなんですよ。

 

それだけ優先するべき仕事ということです。

つまり、最も多くの資金をかけることになりますね。

広告費なども大切なことですが、まずはシステムを構築しなければ話になりません。

資金のほとんどを広告費に費やしてサービスを開始できなかったら意味がありませんよね。

 

一番最初にお金をかけることなので、他の仕事と比べても稼ぎやすいわけです。

これがプログラミングが稼げる理由ということですね。

お金がかからない

他の理由としてプログラミングはお金がかからない仕事だからです。

そもそも仕事をするためにはパソコン1台あれば十分なんですよね。

ものを作るための原料も必要ありませんし、在庫を抱えることもありませんからね。

 

このようにコストがかからないのでとにかく利益率が高いわけです。

例えばプログラミングで作ったツールを販売するとして、そのツールは簡単に複製することができます。

つまり、在庫が存在せずに無限に供給することが可能というわけですね。

売れれば売れるだけ収入へと直結していきますし、あまり売れなかったとしてもお金が減るわけではありませんからね。

 

このようにプログラミングはローリスクハイリターンだから稼げるスキルなんですよ。

エンジニアが人手不足だから

プログラミングが稼げる理由にエンジニアが人手不足というのがあります。

需要は高いのに供給が追い付いていないので市場価値が高くなっているわけですね。

その証拠に年々エンジニアの数は減少しているのにも関わらず、IT関連事業の規模は拡大し続けていますからね。

エンジニアが稼げるといわれているのもうなずけます。

 

ちなみにですが、ITが必要不可欠な時代ですから需要はこれからも高まっていきます。

すると、今よりもさらに多くの仕事が出てくるのでエンジニアはめちゃくちゃ将来性があることになりますね。

AIに仕事を奪われると危惧されるような時代でも、むしろプログラムを作る側のエンジニアになれば将来的にも安心できますよ。

Webエンジニアは今後どうなっていく?将来性や需要はあるの?

2019年12月18日

そもそも受注単価が高い

フリーランスエンジニアとして仕事をしていると受注単価が高いと思わされることが多いですね。

フリーランス向けの案件を見てみると、相場としては50~100万円もの報酬があります。

もちろん、使う言語や実力にも左右されるので一概には言えませんけどね。

相場以上の単価で受注することも可能になるわけです。

 

よく年収1000万を超えられるのかを聞かれるのですが、フリーランスエンジニアの中には年収1000万を超える人もいます。

仮に毎月100万を稼ぐとして単純計算だと1年で1200万を売り上げているわけですからね。

当たり前ですが、税金なども引かれますし毎月のように仕事を受注できるとは限りません。

ですので実際の収益はもう少し減ってしまいますが、年収の相場は700~1200万程度に落ち着くと思いますよ。

レバレッジが効きやすいから

プログラミングスキルは他の仕事に比べてもレバレッジが効きやすいです。

 

まず優秀なエンジニアと普通のエンジニアとの間に圧倒的な差があります。

平均的に仕事をこなせる人が集まっても、1人の優秀なエンジニアに歯が立たないことはよくある話です。

通常は数年かかって作るプログラムをたった数カ月で実装するレベルの方もいますからね。

 

これほどまでにプログラミングを極めてしまえば、めちゃくちゃ稼げるようになるわけです。

もちろん、培ったスキルで起業すればレバレッジが大幅に効くことにもなりますね。

 

また、そもそもインターネットビジネス自体が利益率の高いビジネスなんですよね。

例えば、ある場所にお店を構えるよりもネット上に通販の形をとる方が、ユーザーが訪問しやすくなりますからね。

潜在顧客の数が明らかに違ってくるわけです。

アクセスが多い方が売れやすいのは誰でもわかりますよね。

ですから、インターネットビジネスはレバレッジが効きやすいんですよね。

 

そしてプログラミングはビジネスをするのに必須レベルのスキルだと思っています。

実際、起業するために学び始める方もたくさんいらっしゃいますよ。

アイデアを形にできる数少ない優秀なスキルですからね。

習得するのまでに時間がかからない

プログラミングは稼げるスキルであるのですが、習得するまでに意外と時間はかかりません。

例えば高収入な職業として医者や弁護士、税理士や公認会計士などがありますが、どれも資格を取るのが非常に難しい職業なんですよね。

どれも数年かけてやっととれるかどうかというレベルですね。

 

しかし、プログラミングは1年未満で習得することができます。

高収入を目指せる他のスキルでは考えられないスピードですよね。

 

さらにプログラミングスクールを利用すればたった3カ月ほどで使えるようにもなります。

中でも就職サポートがついているスクールを利用すると半年ほどでエンジニアになることができますね。

 

こんなに稼げるスキルで習得までも期間も短いのに、それを知らないで損している人がたくさんいるんですよね。

これを知らないのは本当にもったいないなと思いますよ。

稼ぎたいならプログラミングを習得するべき

もしあなたがお金を稼ぎたいと思っているのなら、絶対にプログラミングを習得するべきですね。

エンジニアとして働くにも起業するにしても、これからの時代には欠かせないスキルとなっています。

これが使えるかどうかで将来が決まると言っても過言ではないです。

 

何のスキルも持たずに普通の会社員として生活していると、ある日からAIに仕事を奪われて無職になってしまうかもしれませんからね。

プログラミングができるだけでも仕事に困ることはなくなり、これまで以上に稼ぎ続けることができるわけです。

 

もちろん医者や弁護士などの職業も稼げるのですが、資格を取るのが難しく時間もかかってしまいますからね。

プログラミングなら習得するまでの期間が短いので、今から始めても遅くはありませんよ。

まとめ

プログラミングが稼げる理由をまとめると、

  • ビジネスには欠かせない仕事である
  • お金がかからないのに受注単価は高い
  • エンジニアが人手不足
  • プログラミングはレバレッジが効きやすい
  • 習得するまでに時間がかからない

 

プログラミングは今後も使えるスキルで将来性が非常に高いです。

これからスキルを身につけたいという方や、ずっと稼いでいきたいと考えている方には本当におすすめですよ。

 

実際、僕もプログラミングを身につけたことで人生が変わりましたからね。

人生を変えたいと思っている方は今すぐにでも学び始めるべきだと思いますよ。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選