プログラミングは稼げないという奴は稼ぐチャンスを逃してるだけ

こんにちは、真です。

「プログラミングは稼げないって聞いたけどホント?」

「どうやったらプログラミングで稼げるようになるの?」

こんな疑問をもった方も多いと思うので、今回はプログラミングが稼げる理由やその方法を紹介していきたいと思います。

プログラミングが稼げないと言われてしまう理由

まず、「プログラマーは稼げない=プログラミングは稼げない」と考えてしまっているからです。

ネット上ではこのようなよくわからない理論を書いている人が多いですね。

それじゃあ稼げないですし、稼ぐチャンスを逃しているだけですよ。

 

そもそもエンジニアとプログラマーでは言葉の意味が違ってきます

エンジニアというのはシステムの設計から行う人で、プログラマーは設計図に合わせて組み立てるだけの仕事です。

分かりやすく例えると、エンジニアが建築士でプログラマーが大工です。

こういうとピンとくる方も多いでしょうね。

 

建造することに関して、建築士と大工のどちらが稼げるかはわかりますよね?

プログラミングにおいても同じで、システムを設計できるエンジニアの方が圧倒的に稼げるということです。

それなのに、「プログラマーは稼げないからプログラミングも稼げない」と言っている人があふれています。

 

プログラマーとエンジニアを一緒くたにしている外野の声がでかいだけです。

実際にプログラミングは稼げるスキルですし、有名な起業家の方もプログラミングを学んで成功を収めた方がたくさんいらっしゃいますからね。

そういう方々の実績がプログラミングが稼げるスキルである何よりの証拠ですよ。

楽に稼げるスキルではない

「プログラミングは稼げますか?」と聞かれたら「稼げます」と即答しますが、

「楽に稼げますか?」と聞かれたら話は別です。

 

楽に稼ぐ方法を探している人が世の中にはたくさんいますが、残念ながらそんな都合のいい話はありません。

株やFXだって食べていけるようになるには、ひたすら勉強する必要があります。

楽に稼げるという話があったらそれはおそらく詐欺なので気をつけましょう。

 

プログラミングは決して楽に稼げるスキルではありません。

やはり習得するまでが大変なんですよね。

1度習得してしまえば効率的に稼ぐことができますが、そこまでの実力をつけるまでが難しいんですよね。

 

「プログラミングはやめとけ」と言っている人も、実際に挫折した経験がある人が多いです。

僕も一度は挫折してしまった身なのでこの気持ちはよくわかります。

ですが、だからといってプログラミングを勉強しないのは非常にもったいないです。

 

挫折する人が多いということは、逆に考えるとライバルが少ない稼げるジャンルということです。

今となっては言えることですが、挫折してしまったけれどもう一度挑戦してよかったなとひしひしと感じます。

もし挫折したまま完全に諦めてしまっていたら、今の僕は存在しませんでしたからね。

稼げない職業に就いた有象無象と変わらなかったわけです。

過去の自分をほめてあげたいですね。

 

独学ではどうしても挫折率が高くなってしまうのでプログラミングスクールを利用するのも手ですよ。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選

稼げないと感じる人に足りないもの

現在プログラミングを学んでいる人の中には、プログラミングで稼げる実感がわかないという方も多いんじゃないですかね。

僕はそういう人をたくさん見てきましたし、僕自身もそうでした。

しかし、ある時からめちゃくちゃ稼げるスキルだと気づいたんですよね。

それはプログラミング以外に必要なスキルを知ったからです。

 

結論から言ってしまうと答えはビジネススキルです。

更に詳しく言うなら営業スキルですね。

 

例えば稼ぐためには仕事をとってくる必要がありますが、これには営業スキルが欠かせませんよね。

せっかくプログラミングができても仕事がなければ1円にもなりません。

ですので、まずは仕事をとってくることから始めましょう。

 

自分でとってきた仕事ができるか不安に感じるかもしれませんが、そういう時にはアウトソーシングを活用すれば問題ありません。

営業力があればなんとかなることも多いので学んでおくべきですね。

 

営業スキルを学ぶ方法ですが、一番手っ取り早いのは営業マンに聞くことです。

知り合いにいるなら仕事の取り方などを聞いておくと良いですね。

会社に属しているなら営業部の人に、個人で仕事をとる方法を教えてくださいと聞けばOKです。

 

フリーランスの人や周りがエンジニアばかりで知り合いにもいない場合、他業種の方と交流できるイベントに参加するのが早いですね。

ビジネススキルはエンジニアだけと交流しても伸びませんからね。

他の業種から仕事を聞くことで、ビジネスアイデアが生まれたりするものですよ。

プログラミングスキルが収入と比例するわけではない

昔の僕も勘違いしていたのですが、いくらプログラミングスキルがあってもそれに比例して収入が増えるわけではありません。

高い能力をもっていてもレベルの低い仕事しかしていなければ収入は低くなってしまいます。

 

「自分が稼げないのはスキルがないからだ」と考えるのは間違いで、低レベルな仕事しかできていないからかもしれません。

ですので、報酬の良い仕事をとってくるためにもビジネススキルが重要なんですよね。

ぶっちゃけ実務経験が1年でもあればスキルは十分にあると思います。

そこからフリーランスになって稼げる案件をこなしていけば収入は増えるはずですよ。

 

すぐにできるような案件はクラウドワークスやランサーズで調べればたくさん出てきますし、より報酬の良い案件を受けたいならレバテックフリーランスがおすすめです。

試しに登録して案件を見てみると視野が広がると思いますよ。

まとめ:プログラミングは稼げるスキル

  • プログラミングは稼げないは嘘
  • プログラマーは稼げないがエンジニアは稼いでいる
  • 楽に稼げるわけではないのも事実
  • スキルは収入と比例しない→ビジネススキルをつけるべき

プログラミングは稼げるスキルなのですが、残念ながら挫折してしまい稼げないと認識している人が多いです。

どうしても挫折しそうになったらプログラミングスクールを活用してみて下さい。

また、すでに十分なプログラミングスキルをもっているひとはビジネススキルを身につけましょう。

仕事をとるならフリーランスエージェントを利用すれば人脈も増えるので登録しておくべきですよ。

【2020年版】おすすめのプログラミングスクール3選

現在、未経験からでも最速でフリーランスエンジニアになれる方法を公開しています

数年前まで社畜だった僕は、現在フリーランスエンジニアとして自由な生活を送っています。

 

「働く時間も休日も好きに決めて、好きな場所で仕事ができる」
そんな自由気ままな暮らしを実現しています。

 

フリーランスエンジニアとして生きていくことは、難しいことではありません。

 

たとえプログラミングを未経験だとしても、正しい学び方さえ知っていればなることができます。

 

この記事では、未経験からでもフリーランスエンジニアになる方法を最初からわかりやすくまとめています。

 

「そもそもプログラマーとはどんな職業なのか?」
「効率のいいプログラミングの勉強方法は何か?」
「どのくらいの期間でフリーランスになれるのか?」

など、絶対に知っておくべき基本的な内容が書かれています。

 

今の仕事に不満があったり自分の将来に不安を抱えているのなら、是非読んでみてください。

 

あなたもフリーランスエンジニアなってより良い人生を送りましょう!