【ポケモン】フライゴンさんにタイプが2つ足りていない件

タイトルの通り、フライゴンさんのタイプが足りていないと思いました。

まずフライゴンというポケモンについて少し解説します。

  • じめん/ドラゴン タイプのポケモン 
  • 特性は浮遊
  • せいれいポケモン
  • 高さ2.0m 重さ82㎏ (BMIは20.5で超健康的)
  • 種族値80/100/80/80/80/100 (覚えやすい)
  • でんき・じめん技を無効化できる
  • 攻撃はナックラーと同じ
  • ウスバカゲロウがモチーフ
  • 名前の由来はトンボの英語、ドラゴンフライから
  • タマゴグループは虫・ドラゴン
  • ジラーチ映画のフライゴンさんはイケメン

じめんがタイプ1なのはナックラーが地面単タイプだった名残。
特性が浮遊のため、でんき・じめん技を無効化できるが、ランドロスが同じ地面タイプで存在し、こちらの方が威嚇を持つため優秀。
種族値も足りていない。
決して低いわけじゃないけれど、ランドロスとかガブリアスとか強すぎるライバルが多い
せめてナックラーより攻撃上げてほしいな。

こんなフライゴンさんですがタマゴグループが虫です。
タマゴグループってのはポケモンのタマゴが見つかる組み合わせですね。
これはモチーフとなったものによって分類されています。

フライゴンの場合はウスバカゲロウという虫なので、タマゴグループも虫になります。

ちなみに虫タイプ以外でこのグループに属しているのはフライゴン系統以外にはドラピオンがいます。

もしもタイプが2つまでじゃなかったら、フライゴンさんのタイプはじめん・ドラゴン・むしとなっていたことでしょう。
覚える技も「むしのさざめき」「とんぼがえり」などを覚えますからね。

ところで、フライゴンさんの二つ名をご存じでしょうか。

シールドのポケモンずかんの説明文を引用してきました。

はばたく おとが おんなのひとの うつくしい うたごえに にているため さばくのせいれい と よばれている。

そうです、砂漠の精霊です。

フライゴンの分類がせいれいポケモンなのもうなずけますね。
ちなみに蜻蛉(とんぼ・かげろう)の音読みが(せいれい)なのでダブルミーニングです。

似たようなネーミングで、蜉蝣(かげろう)という漢字のつくりの部分が特性の「浮遊」のつくりと一致しています。
フライゴンの特性はここからきてるわけですね。

話を戻しますが、分類がせいれいポケモンならタイプにフェアリーが追加されても違和感はありません。

つまり、フライゴンさんのタイプは「じめん・ドラゴン・むし・フェアリー」ということです。

タイプ相性としてはこんな感じです。

  • こおり ×4
  • フェアリー ×2
  • はがね ×2
  • ひこう ×2
  • むし ×0.5
  • あく ×0.5
  • くさ ×0.5
  • かくとう ×0.25
  • じめん ×0
  • でんき ×0
  • ドラゴン ×0

強い・・・んですかね?
ちょっと私では判断できません。別に対戦ガチ勢じゃありませんので。

攻撃面としては虫技の「であいがしら」(タマゴ技)をタイプ一致で打てるので強そうです。
打つ相手がいるのかは知りません。

一方で、フェアリー技は一つも使えないので攻撃面の恩恵がないのは残念です。
耐性としては抜群だったドラゴン技を無効にできていいと思うんですけどね。

将来的に隠れタイプとかメガシンカが出てきて、タイプが増えたり変わったりするかもしれませんね。

そんなわけでフライゴンさんにタイプが足りていないんじゃないかという話でした。

みんなもフライゴンさんを使ってあげましょうふりゃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です