自分が好きだったものが流行ると逆に熱が冷める・嫌いになる現象

自分が好きな漫画、アニメ、ゲーム、音楽、ファッションなど何かあると思います。

それが急に大流行してテレビで頻繁に取り上げられたり、世間がそれに便乗したりすると急に熱が冷めることってありませんか?

もしかしたら私が少数派なだけかもしれませんけど・・・。

例えば、私は幼いころからポケモンが好きでずっとやり続けていました。

最初にプレイしたのは赤バージョンで、ずっとシリーズを追いかけてきました。
ポケモン離れが加速する中学時代も受験期間以外はやってました。

参入障壁が高いポケモン対戦もしています。(弱いですが)
もちろんポケモン本編だけではなく、不思議のダンジョン、ポケモンレンジャーなどの外伝作品もやってます。

そんな中、ポケモンGOがリリースされ、世間はポケモンGO一色となりました。

何が悲しいかって、世間の認識が「ポケモン=ポケモンGO」となったことです。

「ポケモンをやっている」と一言いえば、「ポケモンGOをやっている」と勘違いされとても残念がられます。

みんながポケモンを好きになってくれること自体に不満はありません。

しかし、流行りに乗じる世の中がすごく気持ち悪く感じてしまいます。

今まで見向きもしなかったくせに、流行すればそれに群がる。
それに加えてポケモンGOによって事故が起きたら、ポケモン側を悪く言う始末。

悪いのはスマホを見ながら運転をする人だろうと何度も思いました。

メディアは「ポケモン側は何か対策をすべき」といいますが、解決策も提案せずに批判するなよって話です。

 

ちょっと話がずれました。

多分、ポケモンを全然知らない人が掌を返すようにポケモン好きを名乗るのが嫌なんでしょうね。

にわか知識なのにポケモンが好きで詳しいのだと語られるのに嫌悪感を示しているだけだと思います。

そういう人の中には過去に「ポケモンなんて小学生がやるゲームでしょ」と馬鹿にした人もいるでしょうしね。本人は覚えていないでしょうが。

それとも大衆の目に触れたことで、自分とは遠い存在のように感じてしまうからなんでしょうか。

あるいはずっと追いかけてきたからこそ、自分が数少ない理解者だという気持ちが強いだけなのかもしれません。

もしくは流行に乗っかっているだけの人に見られたくないのかもしれません。

 

こんなことを言っていますが、私も年齢的にポケモンの始まりからずっと追いかけてこれたわけではありません。
あくまでも物心ついた時からずっとというだけです。

ですので、初代ポケモンの発売からずっと追いかけてきた人にとっては、私の発言にもムカつく人がいるがいると思います。申し訳ありません。

 

近年では鬼滅の刃が大ヒットしましたので、ヒット前から好きだった方にとっては複雑な気持ちだと思います。

良さが知れ渡って嬉しいと思う人もいれば、逆にヒットしてから嫌いになる人もいると思います。

ちなみに私は鬼滅の刃は知らなかった人ですが、天邪鬼な性格なので見ていませんし、今後も見る気はありません。
君の名は。が流行ったときも見ませんでした。

そもそも天邪鬼な性格だから流行を毛嫌いしているだけかもしれませんね。

 

結局何が言いたいかというと、
にわか知識をどや顔で発信しないでください。
見てるこっちが恥ずかしいです。
お願いだからちゃんと調べてください。
間違いを指摘されて逆ギレしないでください。
この現象の名前って何ですか。

名前がないなら私が勝手につけましょう。

「流行嫌悪現象」とかどうです。

そういう現象を感じやすい人もいるので、理解してくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です