【就活】内定が取れない人は自分を客観視するといいかも

就活していて全然内定が取れない人は少なくないと思います。

そういう方にお聞きしたいのですが、自分が内定が取れない原因を理解していますか?

はっきりいって、原因を理解していればそれを改善していくだけで内定を取ることは可能です。

「ちゃんとES書いているのに全く面接に進めない」
「しっかりと受け答えできているのに一次面接ですぐに落ちてしまう」

こういう人に限って、自分の致命的な原因を気づかずに放置している可能性が高いです。

それとは逆に、最終面接で落ちるという人はただ縁がなかったというだけの場合がほとんどです。(最終面接だけ別のキャラを演じるとかしなければ)

少なくとも私が就活をしていた限りは、この傾向があると感じました。

じゃあ自分の何が間違っているのかを知るためにはどうすればいいのかというと、自分を客観視するだけです。

自分が面接官ならどんな人を採用したいか

私が就活の時によく考えていたことで、面接官の立場から考えてどんな人を採用したいかです。

もちろん、面接官と一口にいっても志望する業界によってどんな人を求めるかは違ってくるので注意が必要です。

私が面接官だったら、就活のテンプレに沿った回答しかしない人は採用したくありませんね。

あと自己主張が激しい人も採用したくないと考えました。自分が言いたいことを無理やり言おうとして、会話が成り立っていない人とかですね。

私が思う採用したい人というのは、基本的には相手に思いやりを持った人、謙虚な姿勢の人、自分の言葉で語ってくれる人、会話のキャッチボールが成立している人、話の筋が通っている人、話をしっかりと聞いている人、礼儀正しい・マナーを守っている人ですね。

とりあえず思いついたことを書き出してみました。
私の場合は上記のことに気を付けて面接に臨んでいましたね。

あなたも自分が面接官だったらどんな人を採用してどんな人を落としたいか考えてみましょう。
そして自分が採用したい人に当てはまっているか考え、ずれていたら修正していきましょう。

もちろん、面接だけじゃなくESやGDでも同じことです。

それでも原因がわからないという人は、採用したい人の認識が一般的な面接官とずれているかもしれません。

そういう場合は、第三者から見てもらうしかありません。

誰かに模擬面接をしてもらう

自分ひとりで原因がわからないなら誰か別の人に協力してもらいましょう。

具体的には模擬面接やESの添削などです。

自分がどれだけ完璧に仕上げても、根本的に間違ってたら意味ないです。

誰かに指摘されるのは嫌なことなのはよくわかりますが、本番で失敗し続けるよりはましですからね。

はっきり話すことができていると思っても、
しっかり受け答えができていると思っても、
声の大きさを適度にできていると思っても、
礼儀作法を正しく守れていると思っても、
実際にはできていないことがよくあります。

自分が模擬面接をしている動画を撮って見返してみればよくわかりますよ。

間違った先入観

自分で見直してどれだけ完璧にしても、先入観が間違っていては意味がないんですよ。

例えば面接では予め丸暗記したことをスラスラということができればOKだと思っていませんか?

実際にそんなことをしても、面接官には暗記だとばれてしまいますし、何より伝わりにくいです。
本来ならば大まかに話す内容を決めておいて、聞かれたときに考えながら話せば伝わりやすくなりますし、自分の言葉で話していることもわかってくれます。

このように間違った先入観をしてしまっていると、自分ひとりで客観視しても意味がないわけです。

ですから、自分の原因がわからないという方は誰かに見てもらうようにしましょう。

大学には就職の相談ができる窓口があると思うので、そこで相談するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です