システムエンジニアになるなら文系からでも大変だけど可能だよ

文系の大学生は理系と比較すると就活が大変だと思います。

就活を始めると序盤の方でぶつかる問題に、どの業界に行くかと考えますよね。

私は理系なので全く苦労しませんでしたけどね。

文系の方が業界を絞るときに、IT業界を真っ先に切り捨てる方が多いイメージです。

恐らくですが、IT業界はブラックだとかそういうイメージを持っているからだと思います。

ぶっちゃけ大半はその通りです。

IT業界の構造的に上位の企業以外はほぼブラックです。もちろん、ホワイトなベンチャー企業いますがごく少数です。

特にSES(システムエンジニアリングサービス)と呼ばれる派遣業者のようなところは酷いです。

とはいえ、上流工程を担当するSE(システムエンジニア)の仕事は高収入なのは間違いありません。

ネットで「SEはやめとけ」とか「IT業界はやめとけ」とかそんな話が絶えませんけど、そこら辺の事情を私なりの解釈で話していこうと思います。

IT業界はやめとけ=下請けブラックが多いから

IT業界に入って後悔している人の大半は、下請けのブラック企業に入ってしまうからです。

Fラン文系でも行けるようなところがそうです。

人売りのSESとかはプログラミングスキルとか関係なしに手当たり次第に採用します。

そもそもこのSESってのは、派遣サービスのようなもので従業員を派遣して、その時間に応じた報酬をもらうビジネスモデルです。

つまり、プログラミングができない初心者を派遣して、全然仕事ができなくても会社としては問題ないわけです。

その初心者が派遣先で怒られて鬱になったとしても、新しく従業員を雇えばOKです。

そういう仕組みになっているので、SESはブラック企業ばかりなんですよ。

そこに入ってしまった方がIT業界はやめとけと言っているわけです。

もしあなたがここら辺のIT企業にしか就職できないようなら、IT業界はやめた方がいいでしょう。

一応言っておきますが、Fラン文系でも就活対策をしっかりすれば上位の企業に入ることは可能なので、学歴だけでIT業界を諦めないでくださいね。

SEはやめとけ=SEにも種類がたくさんあるから

SEと一言で言っても色々な種類があります。

「SEはやめとけ」と言っている人が、どういう業務をしているSEのことを指しているのか分かりません。

SEの中でも種類によって業務内容が異なりますし、企業によっても働き方が変わってくるので何とも言えません。

IT業界で働いている人には、SEが定時退社ばかりでホワイトだという人もいれば、残業ばかりでブラックだという人もいます。

というかIT業界に限らずとも、どの業界でもホワイト企業・ブラック企業は存在すると思うので、簡単に白黒つけることはできません。

要するにSEになりたいならホワイト企業に入れってことです。

ブラック企業に入るリスクを恐れるなら「SEはやめとけ」という言葉を鵜呑みにすればいいと思いますが、どの仕事でも一緒だと思いますよ。

文系はプログラミングがわからない

恐らくこれが致命的なデメリットだと思いますが、プログラミングを勉強したことがないと大変です。

というのも、IT企業の多くは入社してすぐの研修でプログラミングを学びます。

その時に初めて勉強するわけですから、意味が分からなくて挫折してしまいます。

特にプログラミングは論理的思考が必要とされるので、一般的には文系よりは理系の方が理解しやすいです。

もちろん、理系とはいえプログラミングに一切触れてこなかった方もいると思うので、そこに関しては平等です。

入社してすぐの研修で挫折してしまうのが、仕事を辞めるパターンです。

特に入社して数年はプログラムを書く仕事が多いと思うので、その期間で辞めてしまう方が多いと思います。

その期間を耐えられないと思うのなら、SEを目指すのはやめるべきですね。

「SE=プログラミング」ではない

文系の方に朗報ですが、SEの仕事というのはプログラミングがすべてではありません。

むしろプログラミング以外の時間の方が重要です。具体的には企画・設計とかです。

つまり、入社してプログラミングをやる期間さえ過ぎてしまえば楽ってことです。

もちろん、ある程度は知識がないとできないので注意してください。

 

また、SEの種類は色々あると言いましたが、プログラミングとは全然関係がない仕事をしている方もたくさんいます。

なんでこんなことが起きているかというと、SEの定義があいまいだからです。

SEやっていてもプログラミングとは全く関係ない仕事をしているので、全然できなくても問題ないという方もいるわけです。

もちろん、プログラミングがある程度できないといけないSEもいるので勘違いしないでくださいよ。

まとめ

文系でIT業界に入りたいって人は、プログラミングがどんなものなのかprogateのような学習サイトで知っておくべきです。

就活で「プログラミングを全然知らないけど入社してから頑張って勉強します」って言われても全く説得力ないですからね。

何も知らないと相手にされませんし、仮に入社できてもイメージと違う可能性があるので、とりあえず触ってみるべきです。

それと、ある程度は勉強ができる人や要領がいい人じゃないとやっていけないと思います。

それか勉強できなくても理解できるまで続けられる人ですね。

残念ですけどプログラミングに向いている人・向いていない人はいるので。

文系でもプログラミングに興味があるなら挑戦していいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です