【Java】jarファイルを作成する方法

jarファイルを作成するときにやり方をよく忘れてしまうので簡単にまとめたいと思います。

まずjarに変換するJavaファイルを用意します。ここではSample.javaとします。
いつものごとく、このファイルをコンパイルしてclassファイルを作成します。

javac Sample.java

次にマニフェストファイルを用意します。場所はjavaファイルと同じディレクトリです。
ファイル名はmanifest.mfとして、中身は以下のように書きます。

Main-Class: Sample

「:」と「Sample」の間に半角スペースを入れるのを忘れないでください。

そしたらコマンドプロンプトに戻って、以下のように入力することでjarファイルが作られます。

jar -cvfm Sample.jar manifest.mf *.class

下記のような表示があれば成功です。

マニフェストが追加されました
Sample.classを追加中です(入=287)(出=218)(24%収縮されました)

このとき、jarファイルにjavaファイルも入れたい場合は以下のように*.javaを付け加えます。これでjarファイルを解凍するときにjavaファイルも見ることができるようになります。

jar -cvfm Sample.jar manifest.mf *.class *.java

jarファイルを実行するときは、以下のように入力します。

java -jar Sample.jar

jarファイルを解凍する場合は、以下のように入力します。

jar -xvf Sample.jar

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です