IT業界志望者向けに就活の軸の考えてみる

私が就活を始めたての頃は就活の軸なんて言葉は知りませんでした。
面接対策として聞かれそうな質問を調べていた時に初めて就活の軸という言葉を知りましたが、すごく気持ち悪い言葉だと思いましたね。
最初は言葉の意味が理解できなかったぐらいです。

私みたいに軸とか決めずに業界を絞った方にとっては、何と答えればいいのかわからないと思います。
そもそも考えてすらいないわけですからね。

ちなみに私は就活の軸とかわざわざ考える必要はないと思っています。
あくまでも面接で聞かれたときのために、どんな答えを言うか漠然と考えておくぐらいでいいと思いますよ。

私の志望業界はIT業界だったので、その目線で話していきます。
IT系に行きたいと考えている人の参考になれば幸いです。

就活の軸=志望動機

就活の軸とかわざわざ名前が付けられていますが、私個人の意見としては志望動機と同じにしか思えません。

例えば志望動機が「社会を陰ながら支えることのできる仕事だから」だとしたら、
就活の軸は「社会を陰ながら支えることのできる仕事」となります。

無理に就活の軸とか決める必要なんてなくて、志望動機をそのまま就活の軸として使えばいいだけじゃないんですかね。

だから就活の軸が決まらないというのは当たり前だと思うんですよ。
なぜなら、志望動機は企業ごとに異なるからです。志望動機が違えば就活の軸も違ってきますからね。

このことを念頭に置くだけでも就活の軸は決めやすいと思います。

あなたがすでに志望動機とかはっきりしているというなら、それを就活の軸として答えればいいだけなので、これ以上読む必要はありませんね。
ここからはIT業界における志望動機の考え方を伝えていきたいと思います。

IT業界における志望動機

IT業界における志望動機はかなり重要です。

というのもIT業界は細かく分類されるので、志望動機と企業がマッチしていないことがあるからです。
特に「その企業でなければならない理由」を伝えるのは難しいと思います。

単に「ITに興味があって、業界最大手だから」という理由をつけても、
「うちはメーカー系だけどユーザー系や外資系じゃダメなの?」
「そもそもIT業界で何をしたいの?」
「同じメーカー系のA社じゃダメなの?」
「大手じゃなくてもITベンチャーとかいいところはたくさんあると思うけど?」
と簡単に跳ね返されます。

加えて、情報系以外の学生の場合は仕事が長続きしないことが多いので、ITへの興味関心は重要視されると思います。
興味があるだけではやっていけませんからね。

情報系学生の場合は「その企業でなければならない理由」
文系の場合は、これに加えて「IT業界を志望する理由」を伝える必要があります。

このことを踏まえて志望動機を考えてみてください。

具体的な志望動機

志望動機なんて給料がいいからしかないという方は、IT業界に向いていないので諦めてください。
酷かもしれませんが、ITに興味すらない人が続けられるほど甘い世界ではありません。
逆に言うと、少しでも興味があればOKです。

具体的な志望理由を考えるときに、とりあえずITの何に興味を持っているのかやIT業界に入って何をしたいかを考えてみましょう。

いくつか例を挙げた方が早いですね。
「世の中をIT化して経済を高速化・効率化させたい」
「人工知能(AI)を大学で勉強したから、その知識を活かしたい」
「IT技術が重要になってくるこれからの時代で活躍していきたい」
「IT技術で人々の悩みを解決していきたい」

とりあえず適当に書きましたがこんな感じですかね。

あとはこれらの理由と志望する企業との共通点を見つけて、その企業でなければならない理由にしていきましょう。

とはいえIT業界はビジネスモデルがBtoBの企業が多いので、よくある「御社の製品を使用した経験」という理由が使えないので難しいかもしれません。
「その企業でなければならない理由」を考えると、どうしても他の企業でもよくなってしまいます。

ですので、私の場合は複数の理由を答えるようにしました。

ここでの理由に関しては、建前のきれいごとだけじゃなくて本音も入れていいと思います。
もちろん、言い方には気を付けてください。

複数の理由というのは例えばこんな感じです。
「世の中をIT化して経済を高速化・効率化させたいからIT業界を志望した」
「業務内容に業務システムの開発があるから」
「基礎的な技術から最新技術まで身につけることができるから」
「研修・教育制度がしっかりしていてスキルアップしやすいから」
「福利厚生が充実しているから」

研修・教育制度や福利厚生については言わない方がいいという意見もあるかもしれませんが、私はむしろ入れた方が説得力が高まると思います。
言い方には気を付ける必要があるので、最後に付け加える形で「以上の条件をすべて兼ね備えている私が理想とする企業が御社だからです。」とか、「これらの理由から私にとって御社が非常に魅力的な企業だからです。」というような言葉を言うといいかもしれませんね。

理由が複数あることによって「真剣に考えてくれている」という印象を与えられると思います。

実際に私もこのような感じで志望理由を伝えて、第一志望の企業に受かることができました。

もう一つアドバイスすると、面接で答えるときは話す内容を一言一句覚えるのではなくて、何を言うかざっくりと覚えておいて実際に聞かれたときにその時の自分の言葉で伝えるようにしましょう。
その方が暗記している感が出なくて、一生懸命に伝えようとしていると感じてくれるはずですよ。

また、理由が複数あるとどれを就活の軸として答えるか迷うかもしれませんが、全部言えば大丈夫です。
「これらの理由に当てはまることを軸にしたら、御社にたどり着きました。」とすれば解決です。

ということで、IT業界を志望する目線で就活の軸(志望動機)についての話でした。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です